差し込むだけでOK|外付けhddは安心度が高い

ウーマン

利便性の高い復旧サービス

グラフとPC

企業は貴重な情報を扱っているため、記憶媒体の故障が大きなリスクです。だから、データ復元のサービスの需要が増しています。データ復元に成功すれば、故障した記憶媒体の情報を取り戻せるのです。そして、データ復元の業者の無料診断サービスを活用することで、見積もりと消えたデータを量りにかけられます。

詳細へ

専門業者に解決してもらう

笑顔の男性

データ復旧を自ら行おうとすると、データが余計取り出せなくなったり、ネットワーク上の別のパソコンに迷惑をかける可能性もあります。よって、データ復旧の専門業者依頼することで、トラブル回避とデータ復旧の可能性向上が期待できます。

詳細へ

メリットを理解しておく

ハードディスク

なぜ必要か

会社で使っているパソコンというのは、どうしても膨大なデータを扱うことが多くなりますから、もしも時のために外付けのhddを用意しておくことをおすすめします。中には高価な外付けhddをわざわざ購入するのはもったいないと考える経営者もいるのでしょうが、メリットはたくさんあるので検討しておく価値はあります。まずは容量を簡単に増やせるという点で、内臓されているタイプでは専門の知識を持った人でなければ難しいのですが、外付けのhddなら、決められた場所に差し込むだけで使用が可能となるので、誰でも行なえます。持ち運びにも便利で、外付けhddの種類にもよりもますが、小型のものを選べば社内はもちろん、外に持って行くことも容易です。

万が一の時に最適です

不意にパソコンが動かなくなってしまった場合、大切なデータが無事か気になるのですが、外付けhddの中に保存しておけば、別のパソコンですぐに確認することができるので便利です。それは新しいパソコンに買い替えた時も同様で、古いパソコンはデータを消去するだけで処分できますから、いちいち移行する手間も省けるので効率的です。そのため、外付けのhddを購入したら、こまめにバックアップを取るようにしておきたいのですが、取り外しが誰にもできるということは、つまり盗むのも簡単になってしまいます。悪用されないためにも、会社での外付けhddの扱いについて、きちんとしたルールを作っておき、それを徹底するようにしておきたいものです。

共有してメリットが出ます

ファイル

企業には非常に多くの機器がネットワークで接続され利用されています。その機器同士でひとつのファイルを見るためにはメールでは非常に不便です。ほかにも大きなファイルはメールでは送れないこともあります。そういう時にファイル共有を利用すると便利です。しかしセキュリティやバックアップなどの設定や運用が必要です。

詳細へ